イタチ駆除をするためには

subpage01

山が近い地域に住んでいる人は、様々な自然動物の被害を受けているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。



例えば、畑や田んぼを荒らす熊や農作物を食べてしまう鷲などがあげられます。


イタチも厄介な自然動物として知られています。

人がいなくなると、田畑に入り込み、作物を荒らしていきます。


そして、臭い体臭を放ち、他の動物たちを近づけないようにされてしまうのです。

イタチ駆除は、素人ではできません。


もし、被害に遭っている人がいれば、役所に相談してください。

まず、イタチ駆除のために特殊なトラップを仕掛けます。

ロケットニュース24の情報もあります。

このトラップの中には、イタチの餌になるものを入れておき、田畑の周りに仕掛けます。その中にイタチが入ると、蓋が閉まる仕組みになっています。他の動物に対してもこのようなトラップを仕掛ける場合がありますが、イタチ駆除のためにあるトラップは、少々特殊です。

通常、罠は網目状態に作られている事が多いですが、イタチの場合は体臭を周囲に放たないよう、頑丈なもので作られています。

イタチが放つ悪臭は、人間が嗅いでしまうと失神すると言われ、更に臭いが完全になくなるまでに要する期間は半年以上と言われています。よって、イタチ駆除で気を付けなければいけないのは、イタチの体臭です。

そのため、素人が網などを使用して捕獲しようと試みるのは大変危険だと言えるでしょう。



被害が大きくなる前に、役所の環境科に対応してもらってください。