イタチ駆除において注意すべきこと

subpage01

学習能力が高いイタチは、中途半端に罠を仕掛けたりして一度感づかれると、駆除業者でも手を焼く事態へと発展しがち。
また、野生動物であるため自然界の食物連鎖を考慮した「鳥獣保護法」によって、自治体への許可なく捕獲や負傷を負わせることは禁じられています(しかも、メスは全面的に禁止で、オスも期間が限定されています)。


イタチ駆除の方法は「捕獲」と「追い出し」の2つで、そのうち捕獲は業者にイタチ駆除を依頼するのが賢明であるため、ご自身で行われる場合は「追い出し」に限定されます。

最もポピュラーな方法はホームセンターなどで販売されている「忌避剤」を使用することです。


設置する場所は、侵入経路がわかる場合そこから少し離れた場所に、不明な場合は巣のある場所や天井裏ならば中央部に設置しましょう。

一度侵入されたり、追い払うことに成功した場合は侵入口となりやすい場所に設置しましょう。



賢い動物であるため、再度侵入してくる恐れがあるためです。また、イタチ駆除に有効なグッズにLED装置があります。
強い光を当てられると人間に見つかったと感じて、危険を察知して逃げ出すからです。
専用の忌避装置の他、クリスマスイルミネーションなどにもちいる強力な光を発するものも有効です。


イタチ駆除を行ったあとはフンや巣の撤去を忘れずに。



侵入口の閉鎖も必ず行いましょう。



巣のあとやフンを残したままだと、悪臭や病原菌が発生する原因となったり、縄張り意識の強いイタチが再度侵入する恐れがあります。